子路、聞くこと有りて、未だ之を行うこと能わざれば、唯聞く有らんことを怒る。(公冶長第五) しろ、きくことありて・・・