株式会社クボタ贈商@名入ればっかりしている贈答品屋

株式会社クボタ贈商は北海道旭川市でカレンダーやタオルを中心に名入れやプリントを主にしている贈答品屋さんです

「論語」の記事一覧

考なるか閔子騫(びんしけん)。人、其の父母昆弟の言を間せず。(先進)|6月28日

考なるか閔子騫(びんしけん)。人、其の父母昆弟の言を間せず。(先進) 考哉閔子騫。人不間於其父母昆弟之言。 「閔子騫は孝行者だなあ。その父母兄弟たちがかれをほめることばに対して、世間で異議をさしはさむ者は誰一人いない」孔 […]

徳行(とくこう)には顔淵(がんえん)、閔子騫(びんしけん)、冉伯牛(ぜんはくぎゅう)、仲弓(ちゅうきゅう)、言語には宰我(さいが)、子貢(しこう)、政事(せいじ)には冉有(ぜんゆう)、季路(きろ)。(先進)

徳行(とくこう)には顔淵(がんえん)、閔子騫(びんしけん)、冉伯牛(ぜんはくぎゅう)、仲弓(ちゅうきゅう)、言語には宰我(さいが)、子貢(しこう)、政事(せいじ)には冉有(ぜんゆう)、季路(きろ)。(先進) 徳行、顔淵・ […]

先進の礼楽に於けるや、野人なり。後進の礼楽に於けるや、君子なり。(先進)|6月26日

先進の礼楽に於けるや、野人なり。後進の礼楽に於けるや、君子なり。(先進) 先進於礼楽、野人成。後進於礼楽、君子也。(如用之、則吾従先進。) 「儀礼や雅楽についていえば、先輩たちのは野生味にあふれており、後進たちのはきちん […]

車に升(のぼ)りては、必ず正しく立ちて綏(すい)を執る。車の中にては、内顧(ないこ)せず、疾言せず、親指(しんし)せず。(郷黨)|6月25日

車に升(のぼ)りては、必ず正しく立ちて綏(すい)を執る。車の中にては、内顧(ないこ)せず、疾言せず、親指(しんし)せず。(郷黨) 升車、必正立執綏。車中、不内顧、不疾言、不親指。 「車に乗られるときには、必ず正しく立ち、 […]

斎哀者(しさいしゃ)を見ては狎(な)れたりと雖も必ず変ず。冕者(べんしゃ)と鼛者(こしゃ)とを見ては褻(な)れたりと雖も、(郷黨)|6月24日

斎哀者(しさいしゃ)を見ては狎(な)れたりと雖も必ず変ず。冕者(べんしゃ)と鼛者(こしゃ)とを見ては褻(な)れたりと雖も、(郷黨) 見齋哀者、雖狎必変。見冕者與鼛者、雖褻(必以貌。凶服者式之。) 「喪服を着た人に出会った […]

寝(い)ぬるに尸(し)せず。居(お)るに容(かたち)づくらず。(郷黨)|6月23日

寝(い)ぬるに尸(し)せず。居(お)るに容(かたち)づくらず。(郷黨) 寝不尸。居不容。 「寝るときには、死体のように手足をぶざまに投げ出すようなことはしない。自宅でくつろいでいるときには、いかめしく威儀を正すことはしな […]

君に侍食(じしょく)するに、君祭れば先ず飯(はん)す。|6月22日

君に侍食(じしょく)するに、君祭れば先ず飯(はん)す。 侍食於君、君祭先飯。 「主君と一緒に食事をするとき、主君が料理の一部をとって祭られると、孔子は先に食べ、主君のために毒見した」この章は、魯の君主に対して、孔子が恭し […]

唯だ酒の量なく、乱に及ばす。沽酒市脯(こしゅしほ)は食わず。(郷黨)|6月20日

唯だ酒の量なく、乱に及ばす。沽酒市脯(こしゅしほ)は食わず。(郷黨) 唯酒無量。不及乱。沽酒市脯不食。 「ただ、酒についてはきまった量はなかった。だが、適量にとどめ、酔っ払って乱れるということはなかった。市販の酒や乾肉は […]

食(し)は精を厭わず。膾(なます)は細きを厭わず。食の饐して、餲せると魚の餧して肉の敗れたるは食わず。|6月18日

食(し)は精を厭わず。膾(なます)は細きを厭わず。食の饐して、餲せると魚の餧して肉の敗れたるは食わず。 食不厭精、 膾不厭細、 食饐 餲、 魚餒而肉敗不食、 色惡不食、 臭惡不食、 失飪不食、 不時不食、 不正不食、 不 […]