株式会社クボタ贈商@名入ればっかりしている贈答品屋

株式会社クボタ贈商は北海道旭川市でカレンダーやタオルを中心に名入れやプリントを主にしている贈答品屋さんです

「旭川実践論語勉強会」の記事一覧

年四十にして悪まるるは|12月15日のことです。

年四十にして悪まるるは子曰わく、年四十にして悪まるるは、其れ終わらんのみ。(陽貨第十七)しのたまわく、としよんじゅうにしてにくまるるは、それおわらんのみ(ようかだいじゅうなな)【訳】先師が言われた「年が四十にもなって毛嫌 […]

女子と小人とは養い難し|12月14日のことです。

女子と小人とは養い難し子曰わく、唯女子と小人とは養い難しと為す。之を近づくれば則ち不孫なり。之を遠ざくれば則ち怨む。(陽貨第十七)しのたまわく、ただじょしとしょうじんとはやしないがたしとなす。これちかづくればすなわちふそ […]

何ぞ夫の詩を学ぶこと莫きや②|12月4日のことです。

何ぞ夫の詩を学ぶこと莫きや② 邇くしては父に事え、遠くしては君に事え、多く鳥獣草木の名を識る。(陽貨第十七) ちかくしてはちちにつかえ、とおくしてはきみにつかえ、おおくちょうじゅうそうもくをしる。(ようかだいじゅうなな) […]

何ぞ夫の詩を学ぶこと莫きや①|12月3日のことです。

何ぞ夫の詩を学ぶこと莫きや① 子曰わく、小子、何ぞ夫の詩を学ぶこと莫きや。詩は以て興すべく、以て観るべく、以て郡すべく、以て怨むべし。(陽貨第十七) しのたまわく、しょうし、なんぞかのしをまなぶことなきや。しはもっておこ […]