宰予、昼寝ぬ。子曰わく、朽木は雕るべからず、糞土の牆は杇るべからず。(公冶長第五)

さいよ、ひるいぬ。しのたまわく、きょうぼくはほるべからず、ふんどのしょうはぬるべからず。(こうやちょうだいご)

【訳】
宰予がだらしなく昼寝していた。
先師が言われた。
「腐った木に彫刻することはできない。ぼろ土の垣根にはうわぬりをしても駄目だ。そのようなお前をどうして責めようか。責めても仕方のないことだ」
※宰予 性は宰、名は予 字は子我、弁舌のすぐれた人。

3月18日、今日の論語一日一言です。

”口だけ立派な人には注意しなくてはならない”と論語コンプリートにあります。

孔子様があきれるほどの人物だということですね。

口だけ立派でしょ。というやつですね。

まずは実践行動が大切です。やるのかやらないのか。

腐った木は腐ったままかもしれません。

早めの判断が必要ですが、そこでまた気づくことも一つの学びかもしれませんね。

今日も一日がんばります。