易を学べば大過無かるべし

今日の論語はこちらでした~。

子曰く(しのたまわく)、我に数年を加え(われにすうねんをくわえ)、五十にして以て易を学べば(ごじゅうにしてえきをまなべば)、以て大過無かるべし(もってたいかなかるべし)。(述而第七)

【訳】
先師が言われた。
「自分に数年を加えて五十になるころ頃までに易を学べば、大きな過ちは無くなるだろう。」

5月1日、今日の論語一日一言です。

”占いは、人生の戒め、励ましである”と論語コンプリートにあります。

この言葉は40代後半の孔子様の言葉なのでしょうか。

大昔から占いがあり発展し今の世の中でも占いはなくならないとすれば学ぶことはきっとあるのでしょうね。

易学というものにも興味をもつ必要はありそうです。

大きな過ちを犯したくはないですから。

今日も一日がんばります。