子曰わく、徳は孤ならず、必ず隣有り。(里仁第四)

しのたまわく、とくはこならず、かならずとなりあり。(りじんだいよん)

【訳】
先師が言われた。
「報いを求めず陰徳を積んでいる者は、決して一人ぼっちではない。必ず思わぬところにこれを知る者がいるものだ」

3月10日、論語一日一言、今日の言葉です。

”徳のある人はいつまでも孤立することはない”と論語コンプリートにあります。

人徳のある人は、ずっと一人ではないということですからやはり徳を身につけるように努力しなければなりませんね。

徳とは何か。

あの人は徳があるからねとはならないと思います。

魅力のある人、パワーのある人とも感じられます。

正しい行いをしている人、思いやりのある人。

日々学ぶしかありませんね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。