子の疾病なり

臣無くして(しんなくして)臣有りと為す(しんありとなす)。吾誰かを欺かん(われだれかをあざむかん)。天を欺かんか(てんをあざむかんか)。(子罕第九)

【訳】
「家来がないのにあるように見せかけるとはなんたることなのか。私は誰をだますか。天をだますのか。そんなことはできるものではない」

6月17日の今日の論語一日一話です。

”身近な人によって見守られて往生したい”と論語コンプリートにあります。

子貢の気持ちもよくわかりますね。

先生には立派な葬儀をしてあげたかったんでしょうね。

人のために見栄をはる。そんな時もあるかもしれません。

しかし、その場限りのものですね。

嘘をつかずに正直に生きたいものです。

そして死ぬ時は大事な人がそばにいればいいですね。

今日も一日がんばっていきます。