6月8日の論語一日一話ですね~。

子之を聞いて曰わく(しこれをきいてのたまわく)、大宰我を知れるか(たいさいわれをしれるか)。我少かりしとき賤し(われわかかりしときいやし)。故に鄙事に多能なり(ひじにたのうなり)。君子多からんや(くんしおおからんや)。多からざるなり。(子罕第九)

先師はこれを聞かれて言われた。
「大宰は私をよく知っているものであろうか。私は若い頃、地位も低く貧しかったので、つまらないことがいろいろできるのだ。君子は多能であることが必要だろうか。いや多能なことなどいらない」

たくさんのことを知っている必要は無い。やるべきことをしっかりやるべき。

ひとつを極めることの大切さですね。

私もあれやこれやと手を出しますが難しいとこです。

変化にも対応すべきですしね。

大きな志がないと小さな志を達成することはできないですし。

今日も一日がんばります。