9月15日、今日の論語一日一言です。

子曰わく、士にして居を懐うは以て士と為すに足らず。(憲門第十四)

しのたまく、しにしてきょをおもうがもってしなすにたらず。(けんもんだいいじゅうよん)

【訳】
先師が言われた。
「士(役人)で安楽な家庭生活のみを思う者は、立派な士とするには足りない」

”安楽を願うようでは士とは言えない”と論語コンプリートにあります。

公務員の職種にもよるとは思いますが基本安楽を願って公務員になっているようにも思いますがどうなんでしょうか。

役人(公務員)の不祥事はあとを絶たないわけですが、それは安楽を求めて役人(公務員)になる人が多いということなのでしょうね。

平和な時代でも戦乱の時代でも公の仕事は批判されることが多いので志をもって働いていただければいいと思います。

今日も一日がんばります。