何をか憂え、何をか懼れん

子曰わく、内に省みて疚しからざれば、夫れ何をか憂え、何をか懼れん。(顔淵第十二)

しのたまわく、うちにかえりみてやましからざれば、それなにをかうれえ、なにをかおそれん。(がんえんだいじゅうに)

【訳】
先師が言われた。
「自分を省みてないも疚しいところもなければ、いったい何を心配し、何を恐れることがあろうか」

昨日の続きの一節です。

7月24日、今日の論語一日一言です。

”心にやましいことがなくなれば、心配も恐れもなくなる”論語コンプリートにあります。

自分を省みることで疚しくないかと言えば微妙ですね。

言葉としては出さなくても、心の中では人のせいにする自分がいますしね。

自分の中では疚しいことが多い。

だから、心配もするし、不安にもなる。

まだまだ、修行が足りませんね。

今日も一日がんばります。