株式会社クボタ贈商@名入ればっかりしている贈答品屋

株式会社クボタ贈商は北海道旭川市でカレンダーやタオルを中心に名入れやプリントを主にしている贈答品屋さんです

月: 2020年4月

疏食(そし)を飯(く)らい水を飲み、肘を曲げてこれを枕とす。楽しみ亦其の中(うち)に在り。|4月30日

疏食(そし)を飯(く)らい水を飲み、肘を曲げてこれを枕とす。楽しみ亦其の中(うち)に在り。 飯疏食飲水、曲肘而枕之。楽亦在其中矣。(不義而富且貴、於我如浮雲。) 「粗末な食事をし、水を飲み、腕を枕にしてゴロ寝する。そんな […]

富にして求む可(べ)くんば、執鞭(しつべん)の士と雖も、吾も亦これを為さん。如(も)し求む可からずんば、(述而)|4月29日

富にして求む可(べ)くんば、執鞭(しつべん)の士と雖も、吾も亦これを為さん。如(も)し求む可からずんば、(述而) 富而可求也、雖執鞭之士、吾亦為之。如不可求、(従吾近好。) 「富というものが追求に値するほどの値打ちのある […]

暴虎馮河(ぼうこひょうが)、死して悔い無き者は、吾与(とも)にせず。必ずや事に臨みて懼(おそ)れ、謀(はかりごと)を好みて成さん者なり。(述而)

暴虎馮河(ぼうこひょうが)、死して悔い無き者は、吾与(とも)にせず。必ずや事に臨みて懼(おそ)れ、謀(はかりごと)を好みて成さん者なり。(述而) 暴虎馮河、死而無悔者、吾不與也、必也臨事而懼、好謀而成者也。 「素手で虎と […]

憤(ふん)せずんば啓せず。悱(ひ)せずんば発せず。一隅を挙げて三隅を以て反せずんば、則ち復せざるなり。(述而)|4月27日

憤(ふん)せずんば啓せず。悱(ひ)せずんば発せず。一隅を挙げて三隅を以て反せずんば、則ち復せざるなり。(述而) 不憤不啓。不悱不発。学一隅不以三隅反、則不復也。 「勉強の情熱に燃えているのでなければ、指導はしない。頭では […]

束脩(そくしゅう)を行なうより以上は、吾未だ嘗て誨うること無くんばあらず。(述而)|4月26日

束脩(そくしゅう)を行なうより以上は、吾未だ嘗て誨うること無くんばあらず。(述而) 自行束脩以上、吾未嘗無誨為。 「束脩を備えて教えを求めてきた以上は、どんな相手でも、私はいまだかつて教えなかったことはなかった」”束脩” […]

甚だしきかな、吾が衰えたるや。久しいかな、吾復た夢に周公を見ず。(述而)|4月25日

甚だしきかな、吾が衰えたるや。久しいかな、吾復た夢に周公を見ず。(述而) 甚矣、吾衰也。久矣、吾不復夢見周公。 「わたしもすっかり気力が衰えてしまったものだ。ずいぶん長い間たったよ、周公の夢を見なくなってから」体力、気力 […]

子の燕居、申々(しんしん)如たり、夭々(ようよう)如たり。(述而)|4月24日

子の燕居、申々(しんしん)如たり、夭々(ようよう)如たり。(述而) 子之燕居、申申如也、夭夭如也。 「孔子が自宅でくつろいでおられたときは、まことのびのびとしていて、にこやかに楽しそうであった」”燕居”とは、朝廷から帰っ […]

徳に修まらざる、学の講ぜざる、義を聞きて徙(うつ)る能わざる、不善改むる能わざる、(述而)|4月23日

徳に修まらざる、学の講ぜざる、義を聞きて徙(うつ)る能わざる、不善改むる能わざる、(述而) 徳之不修、学之不講、聞義不能徙、不善不能改、(是吾憂也。) 「仁徳を身につけない、学問を怠る、正しい道を聞きながら実行しない、悪 […]

黙してこれを識(しる)し、学びて厭(いと)わず、人を誨(おし)えて倦(う)まず。何か我に有らんや。(述而)|4月22日

黙してこれを識(しる)し、学びて厭(いと)わず、人を誨(おし)えて倦(う)まず。何か我に有らんや。(述而) 黙而識之、学而不厭、誨人不倦。何有於我哉。 「黙って認識を深め、学問にはげんで飽きることがなく、人を教えて疲れる […]

述べて作らず、信じて古を好む。窃(ひそ)かに我を老彭に比す。(述而)|4月21日

述べて作らず、信じて古を好む。窃(ひそ)かに我を老彭に比す。(述而) 述而不作、信而好古。窃比我於老彭。 「のべ伝えるだけでは創作しない、古い教えに疑いをはさまず、古人の道を好み求める。そして、そのような自分の姿を心ひそ […]