何ぞ夫の詩を学ぶこと莫きや② 邇くしては父に事え、遠くしては君に事え、多く鳥獣草木の名を識る。(陽貨第十七) ・・・