仁に当たりては師にも譲らず 子曰わく、仁に当たりては師にも譲らず。(衛霊公第十五) しのたまわく、じんにあたり・・・