之を如何と曰わざる者 子曰わく、之を如何、之を如何と曰わざる者は、吾之を如何ともする末のみ。(衛霊公第十五) ・・・