則ち怨に遠ざかる 子曰わく、躬自ら厚くして、薄く人を責むれば、則ち怨に遠ざかる。(衛霊公第十五) しのたまわく・・・