其の位を出でず 曾子曰わく、君子は思うこと其の位を出でず。(憲門第十四) そうしのたまわく、くんしはおもうこと・・・