其の政を謀らず 子曰わく、其の位に在らざれば、其の政を謀らず。(憲門第十四) しのたまわく、そのくらいあらざれ・・・