愛して能く労する 子曰わく、之を愛して能く労すること勿からんや。忠にして能く誨うること勿からんや。 しのたまわ・・・