士にして居を懐うは 子曰わく、士にして居を懐うは以て士と為すに足らず。(憲門第十四) しのたまく、しにしてきょ・・・