惑に非ずや 一朝の忿に其の身を忘れて以て其の親に及ぼすは、惑に非ずや。(顔淵第十二) いっちょうのいかりにその・・・