之を繹ぬるを貴しと為す 説びて繹ねず、従いて改めずんば、吾之を如何ともする末きのみ。(子罕第九) よろこびてた・・・