四十五十にして聞くこと無くんば 四十五十にして聞くこと無くんば、斯れ亦畏るるに足らざるのみ。(子罕第九) しじ・・・