昼夜を舎かず 子、川の上に在りて曰わく、逝く者の斯の如きか。昼夜を舎かず。(子罕第九) し、かわのうえにありて・・・