為んで厭わず、誨えて倦まず 子曰わく(しのたまわく)、聖と仁との若きは(せいとじんとのごときは)、則ち吾豈敢て・・・