桓魋其れ予を如何にせん 子曰く(しのたまわく)、天徳を予に生せり(てんとくをわれになせり)。桓魋其れ予を如何に・・・