子の慎む所は、斉、戦、疾(しのつつしむところは、さい、せん、しつ)(述而第七) 先師が慎んだ上にも慎まれたのは・・・