束脩を行う 子曰く、束脩を行うより以上は、吾未だ嘗て誨うること無くんばあらず(述而第七) (しのたまわく、そく・・・