中庸の徳 子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮なきこと久し。(雍也第六) しのたまわく、ちゅうようの・・・