子曰わく、人の生るや直し。之を罔して生くるや、幸いにして免るるなり。(雍也第六) しのたまわく、ひとのいくるや・・・