子、子夏に謂いて曰わく、女、君子の儒と為れ、小人の儒と為る無かれ。(雍也第六) し、しかにいいてのたまわく、な・・・