顔淵曰わく、善を伐ること無く、労を施すこと無からん。(公冶長第五) がんえんいわく、ぜんをほこることなく、ろう・・・