子曰わく、伯夷・叔斉は旧悪を念わず。怨是を用て希なり。(公冶長第五) しのたまわく、はくい・しゅくせいをきゅう・・・