子曰わく、父母に事えては、幾くに諫む。志の従われざるを見ては、又敬して違わず、労して怨みず。(里仁第四) 【訳・・・